Masayoung Blog

マサヤングの音楽に囲まれた生活日記

*

ギターを練習する上でこれを意識すると上達が早くなる

   

8347a129b5e2b1ca5daf267930d53818 s

先日、小沼ようすけさんの教則DVDを見てて機械的な練習でも普段から音楽的な表現を意識しながらやらないとダメだなと感じました。

小沼さんがサラッとこんな感じで弾きますと何気なくドレミファ〜♪を弾いたんですけどダイナミクスもリズムの抑揚を素晴らしかった。

ただのメジャースケールなのにで一つのフレーズになってます。

おそらく小沼さんはずっとそんなことを意識しながら練習してるじゃないかと思います。

例えば、機械的になりがちな普通のスケール練習やリズム練習でどうすれば音楽的になるか考えるだけでいつもより練習の成果が上がる気がします。


スポンサーリンク

僕なりの音楽的な練習方法

最近、意識してるのが弾かない部分のリズムの想像です。

メトロノームをシンプルに4拍で鳴らしたり1拍3拍で鳴らしたりしながらギターは四分音符でスケールやコードを弾くと。

ギターのリズムはそれ以上細かくしない状態で16ビートなのか4ビートなのかを弾き分けることなんかしてます。

ソロの練習なんかも音が合ってるかより、いかにそのフレーズを説得力を持って音楽的に歌えるかっていうのに重きを置いてます。

歌えてるゾーンに入ってくると縦のラインを見るとズレてるんだろうけど気持ちいいポイントで弾けたりします。それがグルーヴしてる状態なんでしょうね。

そんなことを気にするようになってからずいぶん音の説得力が増した気がします。

皆さんも何か気付いた細かいこと音楽的なことを練習にプラスすると効果がグッと増しますよ。

 - 音楽な話

更新情報などもツイートしています!!
友だち追加数


ad

ad

  関連記事

「音楽で喰っていくとは」メジャーデビュー、プロミュージシャンシャンを目指す若者へ

あまりこんな事は書かないほうがよいのかもしれません。 でも、もしメジャーデビュー …

僕の音楽人生において「諦める」ということについて

スポンサーリンク 努力がエンターテイメント 最高の戦略は努力が娯楽化することであ …

黒人さんの音楽をことさら推奨する訳ではないけど、一回はハマっとこ。

こっちのブログではあまり音楽的なことは言ってなかったけど少しだけ。 スポンサーリ …

ライブでよくする2拍4拍の手拍子について

ライブなんかで盛り上がってきたら2拍4拍の手拍子を促されると思います。 その時に …

ギターでアドリブを弾く時に表ばかりから弾いてませんか?

アドリブのレッスンをする時に僕が良くやるのがコールアンドレスポンス方式です。 2 …

マジで音楽をする上で大事なことは歌うことから始まるんじゃねぇってこと

最近、本格的に歌うということを始めました。
まだ数は少ないですが弾き語りでライブをしたりもしています。

最近の若手ギター弾き語りの人に多い「ペダラー」

あるライブを見てふと、この「ペダラー」という言葉を思い付きました。
これはペダルという音楽用語から来ています。

今、高知のOssanというジャズギターデュオが熱い!!

Swan’feeも休止して時間も出来たので片っ端からセッションに通い始めました。
多分その1,2回目くらいで他で来てた方(現相方のチャーリー)に「ギターデュオやってみません?」と声をかけられました。

音楽で食えないこの時代にギター講師という職業で生きていく!!

僕は音楽をやると決めてからは音楽で喰っていきたいという気持ちが強くありました。 …

ギャラをもらう音楽の演奏において間違えるということにあまり寛容になってはいかんのでは?

ギャラをもらう音楽の演奏において間違えるということにあまり寛容になってはいかんの …