Masayoung Blog

マサヤングの音楽に囲まれた生活日記

*

「続けてればいつか夢は叶うよ!」という言葉について考えてみた

      2014/12/27

7a4d12a8b124df976cca94c611e53ddc s

色んなジャンルで使われる言葉だと思います「続けてればいつか夢は叶うよ!」。

例えば、この言葉ジャイアンの歌手という夢について言ってあげるのはどうなんでしょうか?

ものごとには好きなことと上手くやれることがあります。

ジャイアンは歌うの大好きです。

でも、それを上手くはできません。

それでもこの言葉、かけてあげられますか?


スポンサーリンク

アマチュアならなんら問題がない

もし、歌でプロを目指すとなるとそれにお金を払ってでも聴きたいという価値を持たせないといけません。

ジャイアンは上手く歌えない時点でこれはやっぱり難しい。

でも、アマチュアとしてやっていくと考えたらどうでしょうか?

良い意味でアマチュアや趣味でやっていくというのは自己満足なのでなんら問題は無い気がします。

アマチュア最強説

僕もジャイアンと同じように音楽をやっていて、アマチュアって最強だなと思います。

むしろ、その方が純粋に音楽ができる気がするのです。

だって何も考えないで好きなことして良いんですよ。

下手にプロやメジャーデビューなんかを考えてしまうとここでがんじがらめになって本来自分がしたいことではなく、お客さんにウケることを考えてしまいます。

それって目的と手段が入れ替わってないですか?

続けてればいつか夢は叶うよ?

どんなジャンルでもそうですが、「好きなことをずっと続けていればいつか夢は叶うよ」とよく周りは言うけれどそれは実は無責任な発言な気がします。

もしそれが好きなだけで上手くやれないことなら、残念ながらいくらやったって結果は出ません。

でも、周りからはやめるなと言われる。

そして気が付くといい年齢になってしまい、取り返しがつかなくなる。

その人が本当に上手くやれる人だと見込んで応援するのはいいけど。

上手くできることを探そう

好きでずっと続けれたから上手くなっちゃった!って人もいるでしょう。

もちろん、それも素晴らしいことですが、誰しもが上手くできることって何かあります。

それでお金を稼ぐと幸せになれる気がするのです。

ここまで好きで続けてきたからやめるにやめれない人も多いんじゃないでしょうか?

そういう人は趣味やアマチュアとしてやっていく分にはよいですが、お金を稼ぐ手段として考えているならば方向転換も視野に入れるべきだと思います。

 - 考えること

更新情報などもツイートしています!!
友だち追加数


ad

ad

  関連記事

馬鹿にしてた半身浴をダイエット目的ではじめてみたらむくみが取れて効果が!!

僕はお風呂に入るのがあまり好きではなく毎日シャワーですませてました。 だからいわ …

iPhoneのスヌーズ機能って逆に起きれないよね!!

僕はiPhoneを毎朝の目覚ましにしています。 iPhone利用者は勝手にみんな …

ギャラをもらう音楽の演奏において間違えるということにあまり寛容になってはいかんのでは?

ギャラをもらう音楽の演奏において間違えるということにあまり寛容になってはいかんの …

HAPPA@LEATHER展 in HIJIRIYA (ハッパ@レザー展 in 聖屋)に行ってきましたよ!

今日はレッスンもお休みだったので行こうと思ってたHAPPA@LEATHER展に行 …

地元のジャムセッションに行って得られるものって音楽的なものより人間関係的なものが多いって話

ジャムセッションって面白いですよね。 初めましての人と音を合わせる訳ですから。 …

好きなことより上手くやれることを仕事にするべきなのか?

14歳からはじめたギターですが好きなので今まで続けてこれたってのはあると思います …

半年使ったらGoogle Chromecast(クロームキャスト)が壊れてしまった!!

Google Chromecast(クロームキャスト)ってご存じですか。 小さい …

Twitterで文字数制限を気にせずに出来るおすすめのライブやイベントの告知方法

スポンサーリンク フライヤーを作るのは難しい 最近のライブはみんな電子フライヤー …

賃金って政治に頼るんじゃなくて自分で上げるものじゃないですか?

全然、景気がよくならならず賃金が上がらないよって言う投稿をTwitterやFac …

マジで付き合う男性の条件が「イケメン」「お金持ち」って言う人がいてビックリした話

知り合いの知り合いくらいのレベルやけど、付き合う男性のタイプで「顔がイケメン」で「お金持ち」って条件をマジで出す人がおりましてビックリしてます。
ネットの向こう側にしかいないと思っていたもので。