Masayoung Blog

マサヤングの音楽に囲まれた生活日記

*

セッション初心者の人は身につけておきたい絶対4小節感

      2015/12/12

45ca20ab019b5f259a01a86fbedeec29 s

ふだん、バンドなんかで構成のカッチリ決まった曲ばかりやってる人がセッションに参加すると高確率でロストします。

ロストというのは今どこをやっているのか分からなくなる状態です。

今回はソロの練習なんかよりも重要な気がする絶対4小節感を身に付けて行きましょう。


スポンサーリンク

基本的に4小節単位で変化します

セッションなんかで使わる曲の大半は最小4小節単位で変化することが多いです。

基本的にはその倍の8小節や16小節なんかがひとまとまりになってたり、ブルースなんかは12小節がひとまとまりになっています。

なので、とにかく4小節の感覚を身に付けておくとロストしにくいです。

これが僕が勝手に作った造語の絶対4小節感です。

ながらで練習したほうが効果的

練習方法は簡単です。

メトロノームを4分音符で鳴らして4小節ごとに身体で机でもタップします。

慣れてきたらタップしなくても頭の中で「キタ!!」と思うだけでもよいでしょう。

練習は色んな環境で出来ますが例えばパソコンでネットしながら後ろでメトロノーム鳴らしてやるのもいいと思います。

最初はメトロノームに意識が持っていかれる割合が高いかと思いますが徐々に無意識で4小節とれるようになってきます。

これが簡単になってきたら小節数を伸ばして8小節や16小節でやってみると良いでしょう。

ソロの小節数は決まってる

たとえば構成のカッチリした曲は何小節ソロをやったら次の展開に行くみたいなことが決まっています。

でも、セッションだとソロが回ってきたら終わりは決まっていないのです。

だからと言って適当な長さで弾くのは実はあまりスマートではないです。

例えばワンコードのセッションなら29小節でソロを終えることも出来ます。

ところが上手い人の演奏を聴いてみると大体が16小節の倍数で終わっています。

この辺りもしっかり絶対4小節感を身に付けてスマートにソロを終わりたいところです。

 - 音楽な話

更新情報などもツイートしています!!
友だち追加数


ad

ad

  関連記事

最後のセッションでスタンド・バイ・ミーをやるのはもうやめませんか?

最後のセッションと言ってもジャズとか楽器系ではなく、弾き語りイベント系のことです …

マジで音楽をする上で大事なことは歌うことから始まるんじゃねぇってこと

最近、本格的に歌うということを始めました。
まだ数は少ないですが弾き語りでライブをしたりもしています。

ライブでよくする2拍4拍の手拍子について

ライブなんかで盛り上がってきたら2拍4拍の手拍子を促されると思います。 その時に …

ブログお引越ししました。

ここはすごく書きやすかったのですが。 スポンサーリンク 2年位前からがっつり書い …

大学を休学してオーストラリアにいったミュージシャン「小松」が熱い

一回り以上歳下やけど僕が尊敬している「小松」というミュージシャンがいます。 彼は …

ギターを練習する上でこれを意識すると上達が早くなる

先日、小沼ようすけさんの教則DVDを見てて機械的な練習でも普段から音楽的な表現を …

これからのミュージシャンは自分で出来ることは自分でした方が良いという話

最近は大分減ったけどバンドのサイトを魔法のiらんど的なのにしてる人いますよね? …

上手く弾けるようになるより個性のある演奏が出来たほうが幸せかも

「上手く弾けるより個性のある演奏を」ってタイトルの通りなんですが20代くらいで気 …

最近の若手ギター弾き語りの人に多い「ペダラー」

あるライブを見てふと、この「ペダラー」という言葉を思い付きました。
これはペダルという音楽用語から来ています。

あなたのナリワイ(生業)なんですか?〜音楽で喰っていく〜

ナリワイという言葉をググってみるとこんな言葉出来ました。 生計をたてていくために …