Masayoung Blog

マサヤングの音楽に囲まれた生活日記

*

ライブの依頼をするときはお金の話は最初にするべきでは?

   

BsMAX86 meganekui20141123111207

僕も当事者なのでなかなか言い難いところもありますがあまりよい文化ではないと思うので書いていってみます。


スポンサーリンク

ビジネスの世界では当たり前ではないですか?

ライブの依頼が来るときって、大体が日程の確認から入ることが多いですよね。

もちろん予定が合わないと出演できない訳なんですが、やっぱりそれプラスお金の話もしなければならないと思うのですよ。

これってビジネスの世界では当たり前ではないですか?

何月何日で入り時間、リハの有無、オープンやスタートの時間、自分たちの出番、持ち時間、ギャランティー○○円。

くらいの情報は正直最初に欲しいです。

ちょっと日が先のイベントだと色んな兼ね合いで時間関係が明確にならないこともあると思いますが分かる範囲で出来るだけのことを知りたいのですよ。

で、ギャランティーもお客さんの入り具合で変わるならその旨を言ってもらえるだけで安心しますし、場合によっては「ノーギャラで」って事もあると思います。
全然それでも最初に言って頂くだけで助かります。

先に日程だけ押さえておいて、実はノーギャラですっていうのがちょっと困ります。

色んなことを考えて出演を決めているので、ノーギャラだからと言って絶対に出ない訳ではありません。

一番最悪なケース

先ほど言った、日程を押さえてからのノーギャラでしたのケースは結構あります。

でも、それはまだ全然、良い方で一番気分が良くなかったのが「いついつライブありますので出ませんか?」という依頼が来ました。

前向きに話を進めていたのですが「じゃあ決定!!」なる直前で○千円のノルマがありますと。

いやいやそれは一番最初に言わんといかんでしょ。

若いイベンターの方からの依頼でしたが、結局、そのライブは断りました。

お世話になった方はたくさんいます

正直、全然ペーペーで下手な頃から気にかけてくれて気軽にライブに出させてくれた恩人はたくさんいます。

その方たちから今も声をかけられるとできる限り出たいと思います。

でも、だからこそお金の話はそういう方でも最初にして欲しいのです。

結局、「金」かと思われる人もいるでしょう。それはとても残念です。

歌なり楽器なりを人前で演奏して、それなりに聴けるものになるまで、相当技術を磨かないといけません。

さらにそこから心地よかったり、楽しい気分になったり、感動させたりするにはもっともっと努力が必要です。

その努力を積み上げて来た上でのライブ演奏にはお金が発生してもおかしくはないと思います。

それは誰でもすぐに出来るものではなく、ある種の「特殊技能」なのですから。

ということで、ちょっと言いにくいことを大きな声で言ってみました。

なんか文句ばっかり言ってるみたいですがこれが素晴らしくバッチリ出来ているイベントもありますからね!!

 - 音楽な話

更新情報などもツイートしています!!
友だち追加数


ad

ad

  関連記事

上手く弾けるようになるより個性のある演奏が出来たほうが幸せかも

「上手く弾けるより個性のある演奏を」ってタイトルの通りなんですが20代くらいで気 …

高知のイベント音楽シーン2強+1の合間をぬって出てくる若者は誰だ!!

あんまり言っちゃいけないことかもしれませんが今回の記事は攻めて行きたいと思います …

ギターでアドリブを弾く時に表ばかりから弾いてませんか?

アドリブのレッスンをする時に僕が良くやるのがコールアンドレスポンス方式です。 2 …

音楽理論は良く出来たパズルのようだ!!B♭7からCに解決

今日も理論の面白い仕組みについて書いていきます。 今回のはちょっと難易度高いかも …

バンドでギターを担当している人はセッションに通うべし!!

今回の記事は過去の自分にタイムマシンがあったら伝えたいこと書いていこうと思います …

オルタードスケールとリディアン7thの面白い関係

今回は理論ってよくできてるなぁというお話でございます。 ちょっと難しい表現も出て …

たぶんこれが理想のライブチケットの値段じゃないかって話

Swan’feeから少し離れて、ソロとか新しいユニットでやっていく中 …

最後のセッションでスタンド・バイ・ミーをやるのはもうやめませんか?

最後のセッションと言ってもジャズとか楽器系ではなく、弾き語りイベント系のことです …

黒人さんの音楽をことさら推奨する訳ではないけど、一回はハマっとこ。

こっちのブログではあまり音楽的なことは言ってなかったけど少しだけ。 スポンサーリ …

セッション初心者の人は身につけておきたい絶対4小節感

ふだん、バンドなんかで構成のカッチリ決まった曲ばかりやってる人がセッションに参加 …