Masayoung Blog

マサヤングの音楽に囲まれた生活日記

*

バンドでギターを担当している人はセッションに通うべし!!

      2015/08/25

4fc9df8a s

今回の記事は過去の自分にタイムマシンがあったら伝えたいこと書いていこうと思います。

本当に若い頃は演奏の幅が狭かった。


スポンサーリンク

スタジオに入ってあれこれアレンジを考えるもの大事だけど

バンドでギターを弾く場合、歌のメロディーや他の楽器、コード進行なんかと照らし合わせながら自分のフレーズを作っていくと思います。

もちろん、そういう作業もめちゃめちゃ大事です。

でも、音楽は生のものでもあります。

その時、その瞬間にしか出てこないフレーズって絶対にあるんですよ。

そんな瞬間をしっかり掴まえるように出来るためにはセッションに行くのが一番じゃないでしょうか?

初めは絶対に失敗します

もちろん、セッションのお作法や最低限3コードのブルースくらいはアドリブが取れた方が楽しめますがあまり準備せずその場で浮かんだもの弾くって言うのに焦点をあて参戦してみると、また面白いと思います。

おそらくボロボロに失敗して終わると思いますが。。。

その悔しさからリベンジを繰り返しているうちにまたミュージシャンとしての次のステップに上がる気がします。

あと、よくセッションに行くと「僕はまだまだなので見てるだけでいいです」的な控えめな方もいます。

これはもったいないですよ、本当に。

セッションは恥をかいてなんぼのもんです。

堂々と手をあげて思いっきり失敗して恥を書いたらいいんですよ。

人のことを考えなければならない

そういうセッションに行くと初めましての方がたくさんいます。

ということは初めましてのフレーズの宝庫でもある訳です。

気になるフレーズがあったら終わった後にあそこどうやって弾いてたんですかって聞くとよいです。

多分それを聞かれて嫌な気がする人はいないんじゃないでしょうか。

あと、がっちりアレンジした曲をやっている訳ではないので周りの音を良く聴かないと置いて行かれる危険性も出てきます。

これはまたバンドに戻った時に必ずプラスになる経験になるでしょう。

人間関係の面で言えば、年上はもちろん、明らかに年下の人でも初対面の人には敬語で話しておけばコミュニケーションでは失敗することはないので、音楽以外でも積極的に話しかけていれば人間関係の輪も広がって楽しくなってきます。

てなことを15年くらい前の自分に教えてあげたいです。

あっ!そういえばYouTubeに「3音から始めるブルースアドリブソロ」ってのを随分前にUPしているので良かったら見てください。

全4回ですが全部マスターすればセッションでソロ回されてもなんとかなります!!

 - 音楽な話

更新情報などもツイートしています!!
友だち追加数


ad

ad

  関連記事

ブログお引越ししました。

ここはすごく書きやすかったのですが。 スポンサーリンク 2年位前からがっつり書い …

今、高知のOssanというジャズギターデュオが熱い!!

Swan’feeも休止して時間も出来たので片っ端からセッションに通い始めました。
多分その1,2回目くらいで他で来てた方(現相方のチャーリー)に「ギターデュオやってみません?」と声をかけられました。

これからのミュージシャンは自分で出来ることは自分でした方が良いという話

最近は大分減ったけどバンドのサイトを魔法のiらんど的なのにしてる人いますよね? …

ジャズギター初心者が一ヶ月くらいでなんとなくいい感じになる練習方法

今回は理論的な話は置いといて、どうやって僕がジャズと馴染んで行っているのか、その練習方法を書いていきたいと思います。

アドリブをする上でリズムは絶対に裏切らない!!

今、僕はジャズの練習をしています。 そんな中から気付いたアドリブをする上で大事な …

ギター弾き語りで3割増しで声が出る方法

最近は僕もギターで弾き語りをしております。 家で練習の時は声が出るんだけど、いざ …

ツイキャスしながらギターの練習をすると良い2つのこと

最近はもっぱらジャズギターの練習をしているマサヤングですがツイキャスしながらって …

マジで音楽をする上で大事なことは歌うことから始まるんじゃねぇってこと

最近、本格的に歌うということを始めました。
まだ数は少ないですが弾き語りでライブをしたりもしています。

MARTIN ( マーチン ) のBACKPACKER(バックパッカー)は携帯用ギターとしてはすごい完成度

僕のギターレッスンの生徒さんでマーチンのバックパッカーを車に置いておきたいと言わ …

大学を休学してオーストラリアにいったミュージシャン「小松」が熱い

一回り以上歳下やけど僕が尊敬している「小松」というミュージシャンがいます。 彼は …